f:id:nemie:20151230105336j:plain

ある年のバレンタインに、会社で外国人男性から直径30センチもの大きな赤いハート形の箱に入ったチョコをもらった。

もらった瞬間、あまりの迫力に度肝を抜かれた。

 

こんなの買うのも渡すのも勇気いるわぁ〜。

 

もちろん本命チョコではない。

出張のお土産、という名目であった。

「ならば、私にくれたのではなく部署に配れってことかな?」と思い、男性ばかりの部署に配り始めた。

 

「マイケルさん(仮名)からです。」と言いながら。

 

ハートの箱を開けると、小さいハート型のチョコがたくさん入っている。

真っ赤なハート型の箱に入ったハートチョコを「マイケルさんからです」と配られて、もらうほうも困惑するしかない。

 

マイケルからのハートチョコを配られた男性陣に微妙な空気が流れた・・・。

 

そして、マイケルを見ると不機嫌そうだった。

やっぱりあれは私にくれたのかもしれない。

海外のバレンタインデーは、男性から女性にプレゼントをするというし。

悪いことをしたなと、この時期になると思い出す。

 ごめんよ、マイケル。

 

  

Charlie & Chocolate Factory movie novel

Charlie & Chocolate Factory movie novel

  • 作者: Roald Dahl,Quentin Blake
  • 出版社/メーカー: Puffin
  • 発売日: 2005/06/02
  • メディア: ペーパーバック
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (14件) を見る
 

 

 

今週のお題「バレンタインデー」